会社を誹謗中傷する記事が投稿されている

会社に対する誹謗中傷の記事や根も葉もない事実がインターネット上の掲示板に投稿されてしまった!

こんな時、弁護士であれば、投稿を削除したり、投稿した人を特定することができます。

〔解決方法〕

まずは投稿された掲示板の記事をスクリーンショットで保存するか、プリントアウトして下さい。

弁護士がURLを確認し、サイトの管理者に対して投稿記事の削除と書き込んだ際のIPアドレスの開示を求めます。

IPアドレスが開示されると、書き込んだ人物がどのインターネットプロバイダを経由して投稿したかがわかります。そこで、今度はそのプロバイダに対して、誰が書き込んだのかを明らかにするように求めます。プロバイダは、弁護士から請求があると、書き込んだ本人に対して照会をかけます。ここで、書き込んだ本人が自身の情報を明らかにしていいと回答すれば、プロバイダも書き込んだ人物の氏名や住所を教えてくれます。しかし、本人が拒絶すると、プロバイダとしてはよほどのことがない限り、教えてくれません。

プロバイダから開示を拒絶された場合は、裁判をすることになります。裁判に勝てば、プロバイダは書き込んだ人物の氏名と住所を開示致します。

 

弁護士 小倉悠治

関連記事

  1. いつでもどこでも相談・打合せ?
  2. 若者はネットに慣れていると思うなかれ
  3. 人への批判の結果は・・・~ネット上の誹謗中傷
  4. ネットより大切なこと
  5. ネットの誹謗中傷
PAGE TOP