あえて捨てること

3月に引っ越しをしてから
ばたばたしていたので、
なかなか部屋の整理が進んでいませんでした。

年末を控え、大掃除を敢行。
大胆に物を捨てました。

すっきりした部屋にいると、
やはり気分が良いものです。

そこで、はたと気が付きました。

経営でも同じです。

選択と集中とよく言われたり、
80:20の法則と言われたり、
様々な側面から言われることですが、

得意かつ価値の高い分野に
資源を集中投下することが大事です。

逆に言えば、大胆に捨てることも
大事ということになります。

私は、弁護士になってしばらく、
「何を専門にされているのですか?」と
聞かれても、
「なんでもやっています」
と答えていました。

実際、北陸ではほとんどの弁護士が
どの分野でも手掛けています。

でも、依頼する側からすれば、
やはりより専門的な人に頼みたい、
得意な人に頼みたい。

それなのに、「なんでも」では、
なかなか頼みにくいです。

今では、会社の法務、
特に労働・雇用問題を主に扱っていると
答えています。

もちろん、守備範囲はもっと広いです。

けれども、もし労働・雇用問題が
発生したら、私の顔を思い浮かべていただければと
思うのです。

プライベートでも
ビジネスでも、
捨てるべきものは捨て、
拾うべきものを拾う。

限られた時間を
有効に使いたいと思います。

関連記事

  1. これって回答して良いの?~照会文書が届いたら
  2. 従業員が横領しているかもしれないと思ったら
  3. 社長!あなたにとって何が一番の喜びですか?
  4. 心がふっと軽くなる言葉~弊所の弁護方針
  5. その人の価値観を大切に
  6. 理念を伝える
  7. 急成長?
  8. 仕事始めにあたり行うべきこと
PAGE TOP