ストーリーの中に見える愛情

先日、とある店舗で夕食を食べていました。

そこは女性が一人で守っている飲食店で、
全国各地から根強いファンがつめかけています。

店主の性格も明るく、にこやかに楽しい会話を
してくださいます。

ふと、どうしてそんなに明るい性格なんですか?と
聞いてみました。

すると、
「いや、私は以前は根暗な性格で、人見知りだったのよ」
とおっしゃいます。

とても想像できません。
どうせ冗談だろと思っていたのですが、
どうやら本当のことのようなので、
変わったきっかけを聞いてみました。

すると、お子さんのことがきっかけで変わったと
おっしゃいます。

自分自身が根暗な性格で暗い表情をしていては、
お子さんが元気に育たない。そう教えられて、
必死に変えた、ということでした。

子を思う母の心というのは
これほどか、と改めて感動しました。

同時に、それだけの愛情あふれる方だからこそ、
全国に根強いファンがいるのだと思います。

愛情をもって経営する。

何よりも大切なことを学ばせていただきました。

関連記事

  1. 期待を誤っていませんか
  2. 事実を受け入れてプラスに転ずる
  3. 依頼者の望みをそのまま叶えることが弁護ですか?
  4. 私は弁護士ではない!?
  5. 思いが形に
  6. あなたの時間を奪っているものは?
  7. 起業の前にやっておきたいこと
  8. 豊かな人生よりも・・・
PAGE TOP