チームの一員と思っています

先日、顧問先を訪問したときのこと、
とてもうれしい言葉をいただきました。

「チームの一員と思っています」

顧問弁護士として社外から拘わっているわけですが、
チームの一員という近い存在と感じていただけるのは
とてもうれしいことです。

私の持てる専門知識や経験をいかして、
顧問先の本業に貢献する。

トラブルを予防して、
成長と発展に貢献する。

これが私のミッションだと思っているからです。

しかし、これは、単発のご依頼ではなく、
継続的にかかわらせていただき、
本業の内容や社長の思いを共有させていただいてこそ
できることです。

単に法律のことに対処するだけではなく、
社外における社長の片腕として、
チームの一員として、
本業の応援をする。

そんな立場を目指して、
がんばりたいと思います。

関連記事

  1. それはあなたの仕事ですか
  2. 小さい企業の採用
  3. みんな違う世界に住んでいる
  4. 夢を実現できる人とは
  5. その人の見た世界を伝えること~弁護士の仕事の舞台裏
  6. 隠れた司法過疎!?
  7. 顧客はいろいろなことを思っています
  8. 弁舌より大事なこと
PAGE TOP