チームの一員と思っています

先日、顧問先を訪問したときのこと、
とてもうれしい言葉をいただきました。

「チームの一員と思っています」

顧問弁護士として社外から拘わっているわけですが、
チームの一員という近い存在と感じていただけるのは
とてもうれしいことです。

私の持てる専門知識や経験をいかして、
顧問先の本業に貢献する。

トラブルを予防して、
成長と発展に貢献する。

これが私のミッションだと思っているからです。

しかし、これは、単発のご依頼ではなく、
継続的にかかわらせていただき、
本業の内容や社長の思いを共有させていただいてこそ
できることです。

単に法律のことに対処するだけではなく、
社外における社長の片腕として、
チームの一員として、
本業の応援をする。

そんな立場を目指して、
がんばりたいと思います。

関連記事

  1. 理念を伝える
  2. 独自のチームを作る
  3. 当事務所のミッションについて
  4. 思いが形に
  5. 依頼者の望みをそのまま叶えることが弁護ですか?
  6. どんな価値を提供しているのか
  7. 心がふっと軽くなる言葉~弊所の弁護方針
  8. 自分ではどうしようもない事態に直面した時
PAGE TOP