会社の未来像をデザインする

独立開業して一法律事務所を構えたとき、
必死に考えたのが未来像でした。

自分はどんな事務所を目指したいのか。
自分の在り方はどうしたいのか。

私自身は、トラブルばかりの世の中にあって、
勝ち負けを超えた法律事務所を目指したいと
思っております。

そんな絵空事を…
こう思われるかも知れません。

しかし、ビジネスの基本は価値の提供ですし、
お互いの利益をお互いに考え、
win-winの関係を目指すことに尽きます。

そして、そのためには法律的にも
しっかりと契約を結び、そこに
win-winの思考をしっかりと反映させることが
重要です。

それによってこそ、トラブルは予防できますし、
お互いのビジネスの繁栄にも寄与します。

弁護士の仕事として、トラブル解決の時代は
終わりが見えています。

これからは、予防法務、そして企業価値の向上に
寄与できる弁護士が生き残ります。

顧客よし
社員よし
世間よし

世間よしとは、トラブルがなくなる社会と思っています。

そのためには、
10年、30年スパンで考えねばならないと思います。

もちろん、世の中はどんどん変化していきますから、
5年後ですら見通すことは難しいです。

ですが、目指すべき未来像は描くことはできます。

しっかりと自社の未来像をデザインして、
進んでいきたいと思います。

関連記事

  1. 視点を変えてみる
  2. 稼ぐために働きたくない!?
  3. 本当に身につけるべき専門技術とは
  4. あきらめない~成功か失敗かを決めるのは自分
  5. 経営心理セミナー開催
  6. 理念を伝える
  7. 経営者の成長こそが大事
  8. プラス一言で笑顔に
PAGE TOP