伴走し、共に目指す

生きるということは決断の連続だと思います。
選択の連続と言ってもいいでしょう。

弁護士は、その決断や選択の場面に立ち会うことが
多くあります。

でも、やはり人は迷いやすくて、
決断した後に、
「本当に良かったんだろうか」と
悩まれる方もあります。

私たちは、後悔しない決断をしてもらうために、
後悔しない選択をしてもらうために、
サポートします。

決して強制せず、
でも、視野を広げて差し上げたり、
判断の材料を提供して差し上げたり、
類似した事例をお話ししたり。

その中で、決断されたことを
最大限尊重して、
実現に向けてサポートします。

悩みを悩みとして聞き、
否定せず、
受け入れて、サポートする。

リーダーみたいに引っ張っていくわけではないけれど、
伴走しながら一緒にゴールを目指す。

それが私の目指す弁護士像です。

関連記事

  1. 急成長?
  2. 経営者の視点
  3. 自分ではどうしようもない事態に直面した時
  4. 自分自身の肩書きを
  5. それはあなたの仕事ですか
  6. できないことはあらかじめ
  7. 理屈でできること、できないこと
  8. 理念を伝える
PAGE TOP