強みに集中することの落とし穴

よく、自社の強みを意識せよとか、
自社の強みを伸ばせと言われます。

これはとても重要なことだと思います。

一方で、これを最大限に重視してしまうと、
落とし穴があります。

それは、顧客志向から離れてしまうことです。

もちろん、これは両立できるものですし、
多くの企業は両立しているはずです。

弁護士の仕事は、どこまで言っても
「顧客の求めるものは何か?」から始まります。

仮にそれが未経験の分野であっても、
困っている人、悩んでいる人がいれば、
チャレンジする。

顧客に迷惑をかけるわけにはいきませんから、
しっかりと学び、弁護する。

すると、自分自身の対応可能領域が増えるのです。
できなかったことができるようになる。

金沢で誰もやったことがない分野でも、
あえてチャレンジして、その分野を開拓する。

それくらいの気概でやっていかねばならないと
思っています。

もちろん、まったくの異分野であったり、
相手が急いでいる場合など、かえってご迷惑をかけることが
想定される場合は、お断りの上、しかるべき人を紹介します。

しかし、顧客が困っていて、ぜひともお願いしたいと言われれば、
全力で弁護します。

「自分はここまでしかできない」という枠を外し、
目の前の人を支援するためにどこまでできるか。

常にチャレンジしていきたいと思います。

関連記事

  1. やってダメなら、やめればいい
  2. 意識の違いが数年後にもたらすもの
  3. 言葉の力
  4. 弁護士に依頼するベストなタイミングは?
  5. 思いが形に
  6. 一石二鳥もいいけれど
  7. 相手からも信頼される
  8. 伴走し、共に目指す
PAGE TOP