志を明確に

人手不足の昨今、なかなか人が集まらないという
声を聞きます。

そのためか、条件面をよくして必死に人を
集めようとしている企業も多いようです。

ただ、少し注意が必要です。
待遇面、条件面に魅力を感じて入社してくる人は、
より待遇や条件がよい会社からスカウトされれば、
簡単に転職してしまうリスクがあります。

一見迂遠に思われるかも知れませんが、
やはり理念に共感する人を集めるべきだと思います。

そのためには、まず会社の理念を明確にする。
社長の志と言ってもいいです。

そして、そこから求める人材像を洗い出す。

その上で、求める人材像を探し、アプローチを
していくことになります。

「いい人いたら紹介して」では
誰もきません。

より具体的に、その人がイメージできるような
伝え方をすべきです。

弊所に集まってくれた所員は、
みな理念に共感して集ってくれています。
私自身、理念を口に出すように心がけています。

そして、理念に共感している人を
集めることが、最大のリスク対策でもあります。

何のために誰のためになぜ仕事をするのか。
常に頭に置き、行動の源泉にしていきたいものです。

関連記事

  1. あえて捨てること
  2. あなたがいたから決断できた
  3. 依頼者の望みをそのまま叶えることが弁護ですか?
  4. あなたの時間を奪っているものは?
  5. あきらめない~成功か失敗かを決めるのは自分
  6. 弁護士に依頼するベストなタイミングは?
  7. 社長の片腕としてあなたの会社の成長を支えます
  8. 理念を伝える
PAGE TOP