思いだけでは始まらない

独立開業して5ヶ月が経過しました。

何かをなそうと思うとき、まずは思うことから始まります。

その意味では、「思う」ということは非常に重要です。
思いもしないことは実現できませんし、その思いが強ければ強いほど、願望、熱望のレベルまで行くものであればそれだけ、実現の可能性は高まるとも言えます。

けれども、思ったこと、願ったことを達成するための具体的な目標を設定し、行動ベースに落とし込んでいかなければ、達成はなかなかできません。

たとえば、弁護士になりたいと思うだけでは、何も始まりません。
弁護士になるためには、司法試験に受からなければならない。
司法試験に受かるためには、ロースクールに行かねばならない(予備試験という道もありますが)。

ロースクールに受かるためには・・・と細分化していくことができます。
そして、まずは合格体験記を読んだりして情報収集を行います。
その上で、最短ルートを設定して、具体的な目標を一つ一つ実行して達成していく。

とにかく行動すること。やみくもに行動しても意味ないですが、インプットばかりでアウトプットをしなければ何も始まりません。そのことからすれば、アウトプットを決めた上でインプットするというのが一番効率的と言えます。

資格試験であれば、次の試験を申し込んでしまってから、受験勉強を行う、などです。

成功している人の話しを聞いて、具体的な行動に落とし込んだら、
圧倒的な行動力でPDCAを回し続ける。

これに限るとつくづく思います。

これからも、がんばりたいと思います。

関連記事

  1. 依頼者の望みをそのまま叶えることが弁護ですか?
  2. プラス一言で笑顔に
  3. 顧客の気持ちを捉える
  4. もっと楽にならないか
  5. 伝えることと伝わること
  6. 当事務所のミッションについて
  7. 隠れた司法過疎!?
  8. 弁護士の一言は重い~たった一言でがらりと変わる
PAGE TOP