採用=儲かっているから?

今年の1月、弊所に櫻井大知弁護士が入所しました。

新しく弁護士を雇うと聞いて、
多くの人から「儲かっているんだね~。いいねぇ」と
言われます。

「それほどでも・・・」といつも答えることに
なるのですが、このようなことを言われて思うのは、
「人を雇用する」ということに対する意味づけが
人によって違うなということです。

私にとって、採用は「投資」です。

事業の成長は「人」にかかっていると言ってもよく、
事業の発展のために必要な人材であれば、
多少無理をしてでも採用する方がよいと
思っています。

「儲かっているから雇用する」
というわけではないのです。

自分がやっていることを
一部分でも任せることができれば、
それだけ私の時間を作ることができます。

そうすれば、未来への投資のために
時間も精神力も使うことができます。

顧客へのサービスでも、私しかできない
部分を充実させることができます。

また、新しい弁護士が入れば、
その人にもまた顧客がついてきます。

良質のサービスを提供するということを
考えても、採用し、教育し、
全体の力をレベルアップすることは
とても大事なことです。

あらゆる面から言ってプラスだと思うのです。

だからこそ採用する。

法律事務所は
どうしても弁護士の質と量に依存します。

これからも、採用とレベルアップに
投資し続けたいと思います。

関連記事

  1. 弁護士の一言は重い~たった一言でがらりと変わる
  2. いよいよ本日!
  3. 稼ぐために働きたくない!?
  4. トラブル予防と企業価値の向上、人生価値の向上を目指して
  5. 窮地においても
  6. 志を明確に
  7. 一言でも多く使いたい言葉
  8. 言葉の力
PAGE TOP