独自のチームを作る

昨日は、私が日頃から情報交換している
仲間との忘年会でした。

公認会計士、税理士、ライフプランナー
そして弁護士。

このメンバーが集まると、
会社経営で遭遇する課題の
ほぼすべてを解決できます。

それだけではなくて、
ものすごく話しが盛り上がります。

仲が良いし、共通の話題が多いので、
話しが止まらない。

7時から始まったのですが、
お店の人に、
「そろそろ・・・」と言われるまで
居座ってしまいました。

※お店の方、すいません・・・

自分の能力を高めることも
大切ですが、限界があります。

私自身、法律のことは詳しくても、
税務のこととなるとほとんど分かりません。

将来の資産形成についても、
多少はわかっていても、
人に教えられるようなものではありません。

でも、チームのメンバーに聞けば、
自分では思いもつかなかったような
解決策を聞くことができます。

自分よりも優秀なメンバーと
チームを組むことができると、
自分の力が2倍にも3倍にもなります。

自分で抱え込まず、悩んだら相談し、
情報交換し、よりより解決策を見いだす。
自分で手に負えなければ、
専門家への橋渡しをする。

この「専門家への橋渡し」自体が、
価値だと思います。

優秀な専門家にスムースに
橋渡しする。

これにより、
大きな価値を顧客にもたらすことができます。

サービス業である以上、
如何にすれば顧客への価値を最大化できるかが
大切です。

信頼関係を大切にし、
よりよいサービスを提供できるよう、
日々研鑽したいと思います。

関連記事

  1. 小さい企業の採用
  2. 心がふっと軽くなる言葉~弊所の弁護方針
  3. 判断を丸投げしていませんか?
  4. 社長の片腕としてあなたの会社の成長を支えます
  5. ギャップが大事!?
  6. 急成長?
  7. 弁護士に依頼するベストなタイミングは?
  8. 理念を伝える
PAGE TOP