皆様のおかげで

本日で今年度が終わります。
私にとっては、非常に動きの激しい1年でした。

昨年4月、弁護士会の副会長の任をいただきました。

担当していたのは、
中小企業、高齢者、刑事弁護、
弁護士の業務拡大、裁判外紛争解決手続きなどなど、
非常に多岐にわたりました。

実際のところ、同時にやると大変だからやめておけと言われた
委員会を3つかけもちしたので、
大丈夫かと心配でしたが、
皆様のおかでげ何とか乗り切ることができました。

この1年間で知らされたことは、
多くの人に支えられなければ、
何もできないのだなということです。

今まではあまり意識していませんでしたが、
弁護士業務ができているということは、
弁護士会の事務局、副会長、会長ほか
多くの人たちの支えがあればこそなのです。

今後は、感謝の心を常に持ち、
皆様のために恩返しができるよう、
がんばりたいと思います。

来年度からは、執行部を退き。
より事務所運営に力を注いでいきたいと思っております。

関連記事

  1. 弁護士の魅力はなくなったのか?
  2. 自動化の世だからこそ
  3. 期待を誤っていませんか
  4. 伴走し、共に目指す
  5. ピンチかチャンスか
  6. 窮地においても
  7. 顧客目線になっていますか?
  8. 小さい企業の採用
PAGE TOP