目指すは「気持ち悪い」という感覚?

先日、何気なく宣伝のチラシを見ていました。
そこには、受験生の言葉として、
「勉強しないと気持ち悪いと思うくらいに
勉強することが習慣化します」と
書いてありました。

なるほど…この若さでこれを身につけるとは
なかなかすごいなと感心させられました。

大事なことは、「習慣化」です。

セミナーを聞いたり、
本を読んだりして、
「いい話だな」と思う人はたくさんあります。

しかし、実践する人は稀です。
さらに、実践を繰り返して習慣化まで持っていくと、
これはもう最強です

新しいことをするにはエネルギーが必要。
でも、習慣化のレベルまで行けば、
エネルギーはほとんどいりません。

たとえば、毎朝歯磨きをしている人にとって、
歯磨きをすることは何も苦痛ではありません。
むしろ、歯磨きをしていないと、
気持ち悪いという感覚になるわけです。

何事も同じで、この「習慣」というレベルまで
到達できるかどうかだと思っています。

会社でも、挨拶、掃除、笑顔、
報告や情報のシェアなど、
何でもそうです。

では、どうすれば習慣になるのか。
小さい成功体験を積み重ねることだと思います。

小さいことでも、やって、よさを体験。
またやって、良さを体験。
この小さな成功体験を積み重ねることで、
サイクルが回っていきます。

いきなり多くのことをしようとすると
うまくいきません。

私自身、毎日ブログを書いていますが、
これもかなり習慣化してきました。

今後も、皆様のためになる
ブログを書いていこうと思います。

関連記事

  1. わかりやすい言葉で説明する
  2. 伝えることと伝わること
  3. 平時からリスクに備える
  4. それが本当によい解決なのか?
  5. 顧客はいろいろなことを思っています
  6. 顧客の気持ちを捉える
  7. 思いだけでは始まらない
  8. 間違いを指摘して何が生み出されるのか
PAGE TOP