自分ではどうしようもない事態に直面した時

今回の広島では非常に
たくさんのことを学びました。

ひっきりなしに
緊急速報が携帯に流れて、
避難指示が連発される。

自分の場所が安全かを
確かめて、もし安全でないなら
速やかに非難する。

雨がやんだ後も、

広島駅では山陽新幹線を
待つ人でごった返し

バス乗り場では空港行きの
バスが運行を再開するのを
待つ人が並び

どこも人で溢れています。

私もそんな中にいました。

ふとその時、皆さんが
何をしているのかな、
どんな風に過ごしているのかな、
と観察してみました。

もちろん、時間をどのように使うかは
人それぞれで、自由です。

ゲームをする人
ぼーっとしている人
ぐったりしている人

掲示板を見て飛行機が遅れているのを
いらいらしている人
係員を相手にどなっている人

本当にそれぞれです。

電車が遅れたり、
バスが遅れたり、
そういう時、
どうしてもいらいらしてしまいますよね。

でも、
人生は有限です。
時間は有限です。

あっという間になくなってしまいますので、
時間は大切にしたいものです。

でも、係員をどなっても、
新幹線が来るわけではありません。
掲示板を見つめても、
飛行機が出るわけではありません。

自分の力でどうにかできる
ものであれば、一生懸命やる。

でも、自分の力ではどうにもならないことならば、
目の前のことから目をそらし、
他のことに集中することも
大事だと思います。

今回のような時にはなかなか難しいですが、
バスが遅れている時などにお勧めです。

たとえば、
時間ができた!
本を読もう!

こうすると、いらいらしていた
時間が、読書の時間に変わります。

このように意識を別の方向に
ずらすことで、焦りやいらいらが
なくなることがあります。

私自身、今回は、
できうる限りのプランを考え、
手を打ち、あとはひたすら仕事をしていました。

関連記事

  1. 強みに集中することの落とし穴
  2. 相手の長所を発見する
  3. 困った時こそ迅速に
  4. みんな違う世界に住んでいる
  5. 社長の片腕としてあなたの会社の成長を支えます
  6. 品質か価格か
  7. 目指すは「気持ち悪い」という感覚?
  8. 隠れた司法過疎!?
PAGE TOP