自動化の世だからこそ

ローソンが深夜時間帯、レジに店員がいない
「無人営業」の実験を始めると発表しました。

深夜時間、客はスマートフォンアプリでカギを開けて入店し、
アプリ経由かセルフレジを使って商品を購入するそうです。

ついにここまで来たか、という感じがします。

今後、AIやロボットの自動化で省力化が図られていくと思います。
人材不足の会社にとっては朗報だと思います。

一方で、このようなニュースを聞いていると、
「人でなければできない仕事って何だろう?」、
「そもそも、人が働く意義って何だろう」と問い直す
良い機会なのではないかと思います。

弁護士の仕事はなかなか自動化が難しい仕事なので、
しばらくはAIに取って代わられることはないだろうと思いますが、
仕事の本質を考える上では、上記のような問いは大事だと思います。

私がしている仕事の重要な部分は、

人の悩みを聞き、共感し、
本当の原因を導き出したり、
問題点に気づきを与えたり、
問題解決に向けた勇気を与えること、
問題解決のサポートをすることです。

いずれも人に関わることで、
機械やAIでは代替しにくいものです。

それだけにやりがい、喜びも大きいです。

そして、何よりいつも書いていることですが、
職場は自己成長の場であり、自己実現の場です。

職員ともやりがい、喜びを共有し、
共に成長していきたい。

そう思って、今後も仕事を続けていきたいと思います。

関連記事

  1. 君には相棒が必要だよ
  2. 経営心理セミナー開催
  3. 不満の中に宝物が
  4. チームの一員と思っています
  5. ギャップが大事!?
  6. 窮地においても
  7. 価値を見える化する
  8. トラブルを事前に防ぐ知恵
PAGE TOP