言葉の前に大切なこと

目は口ほどにものを言う

よく聞くことわざです。

心は見えません。
だから、思っていても、
言葉にしなければ、伝わらない。

けれど、言葉にしていなくても、
心に思っていることは、出てきます。

表情、まなざし、動き、雰囲気…

特に、目というのは不思議です。
自信がない人は目が泳ぎます。
しっかりとこちらの目を見てくれません。

真剣に何かを伝えようとするとき、
言葉以外の部分は非常に重要です。

私達は言葉によって人を説得する職業です。

言葉を磨くことは大切ですが、
それよりも何よりも大事なことは、

依頼者を思う気持ち
そして、依頼者からの信頼

です。

この二つがなければ、
どれだけ完璧な説得をしても、
相手は頷いてくれません。

依頼者のために、
真心で真剣に取り組むこと。

これが何より大事だと思います。

関連記事

  1. 心理的なハードルを越える
  2. 敷居が高い!
  3. 思いだけでは始まらない
  4. 弁護士の魅力はなくなったのか?
  5. 勝ち負けを超えた弁護~勝って後悔・負けて満足~依頼者が真に求める…
  6. 意識の違いが数年後にもたらすもの
  7. 理屈でできること、できないこと
  8. 品質か価格か
PAGE TOP