備えあれば

備えあれば憂いなしとよく言われます。

ただ、実際には備えがなされていない方が
ほとんどです。

それは、まさか自分はそんな目に遭わないだろうという
思いからだと思います。

たとえば、最近はあおり運転がクローズアップされている
ことから、ドライブレコーダーが注目されています。

ところが、ドライブレコーダーをつけていない方は
まだまだたくさんあります。

交通事故が起きた場合、
双方の主張が食い違うことがしばしばです。

記憶があいまいであったり、
自分に都合の悪い部分は忘れてしまったり、
様々な理由が考えられますが、

少なくとも事実は1つであったはずなのに、
まったく異なる認識を持っている場合もあるのです。

そんな場合、ドライブレコーダーの映像があると、
争いがなくなることがあります。

客観的な証拠があるわけですから、
それと異なる主張はしなくなるからです。

今まで否定していた人が、
ドライブレコーダーの映像を見せたとたんに
自分の非を認めるということも多くあるのです。

自分は事故に遭わないと思いがちですが、
何が起きるかわからない世の中です。

しっかりと備えをしておきたいものです。

関連記事

  1. 一瞬の不注意で人生を棒に振る!?
  2. 帰省先で車の運転・・・ちょっと待って!
  3. 好意が仇になることも
PAGE TOP