好意が仇になることも

「運転代わってくれる」

「うん、いいよ」

この一言が仇になることがあります。

ご存じとおり、自動車には保険がかけられています。

多くの方は自賠責保険に加えて、
任意保険にも加入されていることと思います。

この任意保険、契約の内容によって、
保険の出る運転者と出ない運転者があります。

私の場合は業務でも車を使いますので
誰が運転しても保険が出る契約にしてあります。

ところが、中には「家族限定」であったり、
「本人限定」という場合もあります。

このように限定をつけると、
保険料が安くなるわけですね。

しかし、ちょっと疲れたから
運転を代わってくれと
言われて運転した。

その車の保険が本人限定だったら?

当然、事故の場合でも任意保険は出ません
そうすると、自分で払わないといけないわけです。

相手が外車であったら・・・
人がおおけがをしたら・・・

とんでもないことになります。

運転を頼まれたら、たとえ面倒でも、
まずは保険の内容を確認するようにして下さい。

事故を起こしてからでは
遅いのです。

関連記事

  1. 備えあれば
  2. 帰省先で車の運転・・・ちょっと待って!
  3. 一瞬の不注意で人生を棒に振る!?
PAGE TOP