帰省先で車の運転・・・ちょっと待って!

帰省先で車の運転をされる方も多いかと思います。

そのような時に注意していただきたいのが、車の保険です。
車には自賠責保険と任意保険があります。
自賠責保険は車検を通す際に保険料を支払うものですので、車検を通っている限り、すべての車が保険に加入しています。

一方、任意保険はその名のとおり、任意の保険なので、入っている人と入っていない人があります。
自賠責保険は最低限の保険なので、物に対する賠償(車の修理費など)は出ませんし、人に対する賠償も額に限度があります。
大きな交通事故になると、自賠責保険ではまかなえないことが多いので、皆さん、任意保険に入っているのですね(任意保険に入っていないと、自分で払わないといけなくなります。自賠責のみで相手が外車だったりすると悲惨な結果になるのでご注意を)。

今回注意していただきたいのは、任意保険の場合、保険が適用される人の範囲が様々ということです。
たとえば、「本人限定」という限定がついている場合、保険料は安いですが、他の人が運転しても、保険は出ません。
「家族限定」という場合、別居している家族が入らない場合があります(別居の未婚の子は適用があっても、既婚の場合は外れるなど)。

ですので、帰省先で運転を頼まれた場合、保険がきちんと適用されるかを確認しないと、事故になったら保険がきかなかった、ということもあるわけです。友達に運転を頼まれて運転したら事故を起こしてしまい、保険が適用されなかったという事例もあります。

もちろん、自分の保険に「他車運転特約」がついている場合など、他の保険でカバーできる場合もあります。

さらに、一日だけの保険というのもありますので、これを利用するのも一つです。

いずれにせよ、保険をしっかりと確認して、安心して、安全運転でお盆の時期を過ごしたいものです。

関連記事

  1. 備えあれば
  2. 好意が仇になることも
  3. 一瞬の不注意で人生を棒に振る!?
PAGE TOP