たぶん大丈夫・・・本当に?

何か新しいことを始める場合、
人はよい面ばかりに目が行きがちです。

リスクを過小評価し、
プラスの面を過大評価しがちなのです。

特に、事業をはじめる場合、
売上を非常に楽観的に考える人が
多いなと思います。

たとえば、1年目でこれぐらいの売上が
あるだろうと予測をします。
けれども、その予測の根拠がまったくない
場合も多いのです。

どういった人にアプローチをするのか。
広告方法はどのようなものか。
確実な顧客はどれだけいるのか。

また、リスク面で言えば、
新しいことをはじめる前に
弁護士に相談をした方がよいです。

弁護士は失敗事例をよく見ているので、
リスクに敏感です。

弁護士に役目はリスクを伝えて
判断材料を提供することです。

経営者はそれを聞いて、
事業をやめる場合もあれば、
そのまま開始する場合もあります。

事業にリスクはつきものなので、
リスクをとるもとらないも経営者の意思決定です。

ただ、怖いのはリスクを認識せずに行うことです。

弁護士の適切なアドバイスを受けながら、
事業を行う。とても大事なことだと思います。

関連記事

  1. 社労士向けセミナー開催!
  2. 絶対迷惑かけないと言ったのに~保証人の恐ろしさ
  3. 長所を発見する
  4. 同一労働・同一賃金の省令・指針案を承認へ
  5. 従業員が横領しているかもしれないと思ったら
  6. ハンコは絶対必要なの?
  7. あえて捨てること
  8. 意外と知らない下請法
PAGE TOP