犯人の画像を公表してもよいか

店舗経営をされている方から、
こんな相談を持ちかけられることがあります。

「最近、万引きが多い。
監視カメラに録画されている映像を
公開してよいか」

というものです。

また、以前、
おもちゃを万引きされた被害店舗が
犯人の顔写真を公開しようとして問題に
なったことがありました。

お気持ちはとてもよくわかります。
しかし、これは
複数の法律的な問題が含まれています。

1 名誉毀損になるおそれ

一つは、名誉毀損の問題です。

公然と他人の名誉を毀損すれば、
名誉毀損罪が成立しえますし
損害賠償請求の対象ともなりえます。

もちろん、犯罪行為の公表であれば、
違法性がないとされることが多いのですが、
リスクはあります。

やはり警察に相談して対処する方が
得策と言えます。

2 レピュテーションリスク

次に、レピュテーションリスクです。

レピュテーションとは、
企業などの評判のことで、
それが悪化する危険(リスク)のことを言います。

犯人の画像を公表する行為は、
「当然」という反応をする人と
「やり過ぎでは?」と疑念を抱く人がいるでしょう。

場合によってその行為自体、
批判の対象になる可能性もあります。

そのようなリスクを冒すよりは、
警察への被害申告という正規のルートを
通すことが企業として
取るべき立場ではないかと思います。

3 自力救済の禁止

最後に、自力救済の禁止ということについて
お話ししておきたいと思います。

これは、権利を持っている人が
その権利を侵害された場合に、
法律で定められた手続きを使わずに
自分の力で取り返してはいけないと
いうことなのです。

禁止されているのは、
このような行為を認めてしまうと、
力のある人が勝ってしまい、
殺伐として世の中になってしまうからです。

正当な権利であっても、
法律にしたがって使わねばならないということです。

行動する前に弁護士等の専門家に
相談していただければと思います。

関連記事

  1. 同一労働・同一賃金の省令・指針案を承認へ
  2. 意外と知らない下請法
  3. 事業承継の落とし穴!?
  4. 賃金の時効が5年になるか!?
  5. 従業員が横領しているかもしれないと思ったら
  6. 商工会議所にて講話
  7. 禁止行為11(下請法から)
  8. 起業・経営において忘れてはならないこと
PAGE TOP