裁判で勝てばお金は払われると思っていませんか?

裁判で勝てばそれで終わりと思っていませんか?

よくある誤解の一つが
「裁判で勝てば、あとは裁判所がお金を回収してくれる」
というものです。

実は、裁判所は、判決を出しても、
何もしてくれません。

そう、「何もしてくれない」のです。

判決はそれだけでは紙切れです。

そこから現実にお金を回収するためには、
「強制執行」という手続きが必要です。

相手の財産を特定して、
「これを押さえて下さい!」と
裁判所にお願いしなければならないのです。

しかし、
この「相手の財産を特定する」ということが
とても難しいのです。

口座は銀行名と支店名が必要です。
しかも、これがわかって押さえてはみたものの、
残金がほとんどなければ、空振りになります。

不動産はありませんか?
車はありますか?
押さえるべき機械はないですか?
生命保険はどうですか?

いろいろ考えられますが、
すべて当事者が調査しないといけません。

もちろん、財産開示という手続きもありますが、
実効性があるとは言いがたいものです。

では、どうすればよいのか。
実は、債権回収は取引開始時からはじまっているのです。

取引開始をするときから、
1 相手先企業の調査(財産や取引先金融機関)
2 担保をとる
といったことを検討すべきです。

そして、代金の支払いが滞るようになったら、
次の取引から担保を求めるべきです。

もしくは
即座に担保の回収や仮処分を検討すべきです。

債務者は、すべての債権者を平等には見ていません。
「ここに支払わなかったら大変だ」というところから
支払います。

ですから、そのような存在になっておく必要があります。

平時から備えをすることで、
危機にも対応できます。

安きにありて危うきを思う(居安思危)
思えばすなわち備えあり(思則有備)
備えあれば憂いなし(有備無患)

まさにこのとおりなのです。

関連記事

  1. 同一労働・同一賃金の省令・指針案を承認へ
  2. 商工会議所にて講話
  3. 相手から契約書を受け取ったらすべきこと
  4. 賃金の時効が5年になるか!?
  5. 新しい事業!ちょっと待って!法律の規制に違反していないですか?新…
  6. あえて捨てること
  7. 従業員が横領しているかもしれないと思ったら
  8. 長所を発見する
PAGE TOP