国選弁護日記~住むところも探します

これは数年前のお話し。

捕まっていた人が無事に釈放された時のこと。

でも、住むところがない・・・。
支援してくれる家族もいない。
私一人で迎えにいくことに。

小倉「これからどうします?」
Aさん「住むところを探さなきゃいけないですね」
小倉「どこか頼れるところあります?」
Aさん「ありません」
小倉「お金は?」
Aさん「これだけ(数日分の生活費があることを確認)」

こりゃ私が何とかするしかない・・・

いろいろと行政上の保護制度もあるし、
NPO法人のシェルターを頼むという手もあります。

しかし、種々の事情で、
行政を頼ることは難しそうでした。

今回は不動産屋に頼み込んで部屋を手配することに。

対応して下さった方はとてもやさしい方で、
こちらの希望を言うと、
家具完備の部屋を探してくれました(しかも賃料2万円台!)。

さらに、布団とコーヒーまでつけてくれました!

もう頭が上がりません・・・

私の愛車に荷物を積み込み、
アパートに行って二人で引っ越し。

ここでハプニング。

鍵があかない!!!
よくよく見ると、
その人は自転車の鍵を
一生懸命さそうとしていました💦

「Aさん、それ、鍵違いますよ」
「え?あ!ありゃ・・・」

無事に部屋に荷物を運び込み、
引っ越し完了。

「しっかりがんばってくださいね」と
声をかけると、
今まで見たこともない満面の笑み。
一気に疲れが吹き飛びます。

立ち直ってくれることを
心から願います。

といっても、
まだ種々の手当やら何やらの申請手続を手伝います。

犯罪で一度ドロップアウトしてしまった人を
立ち直らせる。

大変だけれど、
とても意義のある仕事だと思います。

弁護士の仕事は色々な側面がありますが、
大事なことは、
依頼者の隣で
依頼者の困りごとを解決し、
依頼者の本来の力を引き出し、
前向きに生きていくことを支援すること
だと思っています。

企業法務、国選弁護、家事事件、
色々な仕事がありますが、
すべて同じ姿勢で臨むことが
大事だと思います。

関連記事

  1. 初の司法取引!~企業をどう守る
  2. ゴーン氏が勾留理由開示で意見を述べた意図は?
  3. トイレに行きたい!を無視したために無罪?
  4. あなたの個人情報は守られていますか?
  5. 証拠があるだけでは勝てない~論より証拠というけれど
  6. 相手の心理を読む!?
  7. 絶対に見放さない!
  8. ゴーン氏逮捕に見る人質司法
PAGE TOP