パートの厚生年金拡大

今朝の日経新聞一面に以下のような記事が掲載されました。

厚生労働省は厚生年金に加入するパート労働者の適用対象を拡大する。本人の月収要件を8.8万円以上から6.8万円以上に引き下げるなど加入者を最大で200万人増やす案を軸に検討する。国民年金に限られるパート労働者の老後への備えが手厚くなる。勤め先企業は保険料を折半負担することになるが、人手不足でパートの処遇改善の動きが広がる中、厚労省は議論を進めやすい環境だと判断した。

これにより、最大で200万人、厚生年金の加入者が増えるようです。

厚生年金に加入できるということは、従業員にとっては喜ばしいことです。
一方で、企業にとっては、保険料を労使で折半しなければなりませんから、
それだけ負担が増えます。そのため、今後、企業側の反対によって、
適用拡大の幅が狭まる可能性もあります。

従業員満足度を上げつつ生産性を上げる。言葉で言えば簡単ではありますが、
実際はなかなか難しいものです。

従業員一人当たりの売上げを上げるべく、一つ一つのことを地道にやっていくことが大事だと思います。

弊所も、現状は個人事業ですが、なるべく早めに法人化し、従業員満足度を高めるべく、
進んでいきたいと考えております。

関連記事

  1. 勤務間インターバル制度導入でどう変わる?
  2. 社員が自分のことしかやらない!?
  3. 叱ったらつぶれてしまうから、部下に何も言えないと思っているあなた…
  4. 社労士向けセミナー開催!
  5. 言わないとわからないこと
  6. 飲食業界に変化のきざしあり
  7. あなたの会社は大丈夫?~労働者代表の要件に変更あり
  8. 定額残業代の流れが変わるか!?~新たな最高裁判決
PAGE TOP