働き方改革の対応、できていますか?

今朝の日経新聞で、
働き方改革が完了しているかの
アンケート結果が掲載されていました。

残業上限規制対応ができているのが7割

有給休暇の取得義務化は4割弱

4割とはかなり高いな、と思いました。
ただ、それもそのはず。

このアンケートの対象は、
100人の社長で、回答者一覧を見ますと、
ANA、NEC、NTT、TOTO、東レなど、
有名な会社ばかりです。

逆に言うと、そのような会社ですら、
このような状態とも言えると思います。

一方、多くの中小企業の状況はどうかと言えば、
まだまだ対策ができていないと思います。

ちなみに、残業の上限規制については、
大企業は来年4月1日からスタートですが、
中小企業は、平成32年4月1日からです。
(まだ余裕がありますね)

★中小企業とは以下の表にあてはまる会社のことです。

残業については、原則月45時間以内、
年360時間以内というのが基本になります。

特例として、36協定に特別条項を加えることで、
残業時間の枠を拡大することができます。

具体的には、
単月の上限 100時間(休日労働を含む
年間上限 720時間(休日労働を含まず
2~6ヶ月の平均 80時間以内
ただ、この特別条項の発動月数は最大6ヶ月と制限されています。

一方、有給休暇の取得義務化は、
来年4月1日からで、中小企業も同様です。

有給休暇のうち、5日間について、
取得する時季を労働者ごとに
会社が定めなければならないのです。

多くの従業員がいる会社については、
計画年休等で指定することとなるでしょう。

なお、有給休暇の日数を管理するための
管理簿の作成も義務とされていますので、
注意が必要です。

対策がまだの会社については、
早急に社労士や弁護士に相談されることを
お勧めいたします。

関連記事

  1. 管理監督者なら労働時間の管理はいらない?
  2. 言わないとわからないこと
  3. 勤務間インターバル制度導入でどう変わる?
  4. 賃金の時効が5年になるか!?
  5. 社労士向けセミナー開催!
  6. 「がんばってます」でいいですか?
  7. 働き方改革関連法案可決!でも、内容がよくわからない方へ
  8. 飲食業界に変化のきざしあり
PAGE TOP