働き方改革法案とは何ぞやvol.3~高度プロフェッショナル制度

今回は働き方改革の法律改正のうち、
高度プロフェッショナル制度について。

これは、年収が高い一部の専門職について、
労働時間の規制の対象から
外してしまう制度です。

その要件は以下のとおり

年収:1075万円以上(詳細は今後の省令で定める)
業務:金融商品の開発・ディーリング、アナリスト、
コンサルタント、研究開発など
要件:本人の同意、労使委員会の決議
その他の要件:
 1 年104日以上かつ4週で4日以上の休日確保
 2 健康管理時間を把握し、100時間を超えたら医師による面接指導を実施
 3 ①勤務間インターバル制度
   ②健康管理時間の上限設定
   ③2週間連続の休日
   ④臨時の健康診断 のいずれかを選択

この制度、メリットもありますが、
当然デメリットもあります。

メリットとして考えられるのは、
労働時間と報酬が連動していないため、
労働生産性があがることが期待されます。
早く終わればそれだけ単位時間当たりの報酬が
あがることになるからです。

そして何より、残業代が発生しないので、
コスト削減につながります。

一方、会社が求める成果が
あまりにも高いものであれば、
かえって時間外労働が増加する
可能性があります。

※この点、メリットとデメリットは
紙一重です。

また、成果をどのように報酬に反映させるか、
これも難しいところです。

いずれにせよ、制度を生かすも殺すも
運用する人次第です。

使うのであれば、労使双方にとって
メリットのある制度として使いたいものです。

間違っても、これを悪用して労働者が
疲弊するような事態が
ないようにしたいですね。

労働者を自分のために使うという考え方ではなく、
労働者の自己実現を手助けする。

こういうマインドで経営をしたいものです。

関連記事

  1. 働き方改革法案とは何ぞやvol.2
  2. 有給を取らせる義務~働き方改革法案とは何ぞやvol.5
  3. 企業にパワハラの防止義務(閣議決定)
  4. 働き方改革関連法案可決!でも、内容がよくわからない方へ
  5. 従業員満足度を高める~有給休暇編
  6. 働き方改革の対応、できていますか?
  7. 飲食業界に変化のきざしあり
  8. 勤務間インターバル制度導入でどう変わる?
PAGE TOP