従業員満足度を高める~有給休暇編

働き方改革関連法が施行されると、有給休暇について、
5日分を会社側が指定しなければならなくなります
(例外もありますが、罰則ありなので、注意が必要です)。

有給取得率が低いのを政府が何とかしたいと思っているわけですね。

世界各国と比較をしても、日本の企業は有給休暇の取得率が低い傾向にあります。
2016年に行われた28ヶ国を対象とした有給休暇の取得率に関する調査で、日本は最下位だったそうです。

そして、2016年の統計ですと、有給休暇の平均消化率は48.7%
まだまだですね。

弊所でも、従業員満足度を高めるため、有給休暇について変更しました。

それは、全員に有給休暇20日分を付与することです。
フルタイムで働いている人の場合、6ヶ月勤続で10日から
年々増えていきますが、はじめから20日にしてしまおう!というわけです。

(お盆や年末年始の休暇にあてることで、連続休暇も可能です)

ただ、その分、業務の効率化を進める必要がありますので、
現在弊所は業務の洗い出しと自動化にせっせと取り組んでおります。

サービスの品質を上げつつ、従業員満足度を上げられるよう、
日々努力いたします。

関連記事

  1. 働き方改革法案とは何ぞやvol.3~高度プロフェッショナル制度
  2. 条件面だけで勝負しますか?
  3. 定額残業代の流れが変わるか!?~新たな最高裁判決
  4. 飲食業界に変化のきざしあり
  5. 叱ったらつぶれてしまうから、部下に何も言えないと思っているあなた…
  6. 7億円の未払い残業代!?
  7. 同一労働同一賃金ガイドラインのたたき台
  8. 違法な採用にならないために
PAGE TOP