残業代の割増率アップ!?~働き方改革法案とは何ぞやvol.4

働き方改革に関する法律改正で
変わったことについて、続けて
お知らせ致します。

本日は、割増賃金率の猶予措置廃止について。

週40時間を超える仕事に
支払われる残業代は、
通常の賃金の25%です。

25%上乗せして支払わないといけないわけです。

ところが、実は、月60時間を超える部分について、
この割増率は50%なのです。

え?知らなかった・・・とおっしゃる方も
あるかもしれません。

それもそのはず。
この制度、今まで中小企業には猶予されていたのです。

ところが、今回の改正で、
2023年4月から、猶予がなくなることになりました。

ですので、2023年4月からは、
月60時間を超える残業は+50%の賃金を
支払わないといけないのです。

中小企業にとっては重い負担です。

しかも、昨今の人手不足を鑑みると、
新しく採用して・・・というのは
なかなか難しいです。

生産性をあげることで、
何とか月60時間以内に抑える
努力をしたいものです。

関連記事

  1. 人材難だからこそ見落としたくない視点
  2. 同一労働同一賃金ガイドラインのたたき台
  3. 働き方改革の対応、できていますか?
  4. 社労士向けセミナー開催!
  5. 勤務間インターバル制度導入でどう変わる?
  6. 企業にパワハラの防止義務(閣議決定)
  7. 刻々と迫る残業規制~医師には特則
  8. 7億円の未払い残業代!?
PAGE TOP