残業代の割増率アップ!?~働き方改革法案とは何ぞやvol.4

働き方改革に関する法律改正で
変わったことについて、続けて
お知らせ致します。

本日は、割増賃金率の猶予措置廃止について。

週40時間を超える仕事に
支払われる残業代は、
通常の賃金の25%です。

25%上乗せして支払わないといけないわけです。

ところが、実は、月60時間を超える部分について、
この割増率は50%なのです。

え?知らなかった・・・とおっしゃる方も
あるかもしれません。

それもそのはず。
この制度、今まで中小企業には猶予されていたのです。

ところが、今回の改正で、
2023年4月から、猶予がなくなることになりました。

ですので、2023年4月からは、
月60時間を超える残業は+50%の賃金を
支払わないといけないのです。

中小企業にとっては重い負担です。

しかも、昨今の人手不足を鑑みると、
新しく採用して・・・というのは
なかなか難しいです。

生産性をあげることで、
何とか月60時間以内に抑える
努力をしたいものです。

関連記事

  1. あなたの会社は大丈夫?~労働者代表の要件に変更あり
  2. 人材難だからこそ見落としたくない視点
  3. 賃金の時効が5年になるか!?
  4. 働き方改革法案とは何ぞやvol.3~高度プロフェッショナル制度
  5. 管理監督者なら労働時間の管理はいらない?
  6. 契約社員にも退職金?
  7. 違法な採用にならないために
  8. 働き方改革関連法案可決!でも、内容がよくわからない方へ
PAGE TOP