言わないとわからないこと

先日、とある社長と会食をしました。
その際、年末に賞与を支給する際、従業員一人一人に手書きのメッセージを書いて給料袋に同封しているとおっしゃっていました。

従業員にとっては非常に嬉しいことだと思います。

社長は従業員に感謝していても、伝える機会は探さないとなかなかないものです。

けれども、言わないと感謝は伝わりません。

時に、こっちの気持ちを察しろよ!とおっしゃる方もありますが、
それは無理なことです。

性別も年齢も違えば、
住んでいる世界も違えば、
見えている世界も違う。

そんな人の心を察することなど、超至難のわざと言っていいでしょう。

言ってさえもなかなか伝わらない。
ましてや、言わなかったらなお伝わりません。

だからこそ、日頃思っている感謝の言葉を
口に出して言う、書面にしたためて伝える。

とても大事なことだと思います。

しかし、それを実践されている社長、本当に素晴らしいと思いました。

ちょっとした気遣いですが、
大きな成果を生むことと思います。

関連記事

  1. 人材難だからこそ見落としたくない視点
  2. 7億円の未払い残業代!?
  3. 働き方改革法案とは何ぞやvol.2
  4. 働き方改革関連法案可決!でも、内容がよくわからない方へ
  5. 有給を取らせる義務~働き方改革法案とは何ぞやvol.5
  6. 同一労働同一賃金ガイドラインのたたき台
  7. 勤務間インターバル制度導入でどう変わる?
  8. 採用のよくある落とし穴~「優秀な人」を雇おうとすると失敗する!?…
PAGE TOP