自信を持つ

自分に自信がないと、
なかなか相手を認めることができません。

逆に言えば、
自分に自身が持てれば、
相手を認めることができます。

自分に自信があるかどうか。
これは能力とは関係ないと思います。

信じられないかも知れませんが、

たくさんの資格を持ち、
あり余るほどの能力に恵まれながら、
自分に自信を持てない人がたくさんいます。

そんな人は、
常に不安で、焦って、
おびえています。

私自身、
なかなか自分を認められない時期がありました。

でも、
自分の真価本領とは何か。
かけがえのないものは何か。

一生懸命向き合った時、
一つのものを見つけることができました。

人からの評価ではなく、
自分が自分を認めるのです。

実は、
法律事務所に来られる方々も、
多くはトラブルの中で
自信を失っています。

そんな中で、
自信を取り戻していただくのも
私達の仕事です。

事務所では
どうしたら顧客を幸せにできるのか
議論します。

不安いっぱいで来所される。
はじめに声をかける事務職員は
どう振る舞うべきか。

どう声をかけるのか。
どんな表情で迎えるのか。

弁護士はどう接するのか。

「ほっとしました」
「安心しました」
「力が出ました」
「勇気をいただきました」

こんな言葉が私達にとっての
原動力だと思います。

弊所の事務職員が言っていました
「お客さんが笑顔でありがとうと
言ってくれるのが一番元気になる」

こんな事務職員に巡り会えた私は
幸せだと思います。

ひとりでも多くの人の
幸せに貢献すべく、がんばります。

関連記事

  1. 理念は浸透させてこそ
  2. 信念を曲げて判断していませんか
  3. いよいよ本日!
  4. 経営者である前に
  5. あなたの時間を奪っているものは?
  6. 仕事始めにあたり行うべきこと
  7. 知識よりも大切なこと~100人に1人しかやらないこと?
  8. 思いを言葉に
PAGE TOP