弁護士費用を支払うお金がない、とお悩み方へ

弁護士は高いから頼めないという方があります。

しかし、お金のない方(一定の収入基準、資産基準を満たした場合)は、
法テラスを使うことができます。

法テラスを使えば、法律相談は同じ案件で3回まで無料。

弁護士に仕事を依頼する場合でも、
弁護士費用を立替えてくれます(初期費用がいらない)。

通常なら一括支払いのところ、立替の上、分割で返していけばいいわけです
(5000円~1万円程度)

他にもメリットがあります。
法テラスを利用した場合、弁護士費用を決定するのは法テラスです。
そのため、普通に弁護士に依頼するよりも安い場合があるのです。
(弁護士にとっては費用倒れになる可能性があるのですが💦)

たとえば離婚裁判の場合、30万円~50万円ほどかかるのが普通です。

しかし、法テラスの場合は約25万円。
(ただ、離婚の場合は子の引き渡しや婚姻費用などを加算していくと、
金額があがっていくので注意が必要です)

民事再生の場合、通常は35万円以上するのですが、
法テラスでは約20万円(債権者10社まで)です。

一方、利用できる人は、一定の収入要件を満たす必要があります
(扶養人数によって異なります。預貯金額の要件もあり)
⇒法テラスの確認ページ(https://www.houterasu.or.jp/nagare/youkenkakunin/youken_check.html

いずれにせよ、メリットもデメリットもありますから、
弁護士としっかりと相談して、
一番よい方法を選択するのが一番です。

ちなみに、弊所では希望があった場合は、その希望を尊重しつつ、
法テラスを利用した方がいいかどうかについて相談した上で、
決定をしています。

※法テラスを利用する場合、依頼される方が直接法テラスに問い合わせをする必要はありません。
自分が「この人に依頼したい!」という弁護士が法テラスと契約していれば、
弁護士が申し込みをしてくれます(石川県ではほとんどの弁護士が契約しています)。

企業も使えますか?と聞かれる方もありますが、
残念ながら、企業は法テラスを使うことはできません。
その場合に使える無料の相談制度としては、ひまわりほっとダイヤルというものがあります。
https://www.nichibenren.or.jp/ja/sme/index.html

ただ、このひまわりほっとダイヤル、弁護士を選ぶことはできないので、ご注意下さい。

ここまで、費用のことを主に書きましたが、
弁護士に依頼する上で一番大切なのは信頼関係です。
どんなに安くても、信頼できない人に頼んでは大変です。

これから依頼される方は、信頼できる弁護士をしっかりと見極めていただければと思います。

関連記事

  1. 話すことより聞くこと
  2. トラブルを事前に防ぐ知恵
  3. 無知はリスク
  4. 弁護士に相談する際に注意すべきこと
  5. 課題の発見をするには
  6. 視野を広げる
  7. 相談を充実させるためのポイント
PAGE TOP