忙しさを見せないように

年末は師走と言われるだけあって、
どこも忙しそうです。

私自身、ご多分に漏れず、
ばたばたとしています。

でも、忙しそうにすることは危険です。

忙しいかどうかと
忙しそうかどうかは別です。

忙しそうにしていると、
「大変ですね」とは言われるものの、

顧客や紹介者からすると、
困ってしまいます。

顧客にとっては、
いいたいことがあるけれど、
忙しそうだから後回し。

紹介者にとっては、
紹介したい案件があるけれど、
忙しそうだから別の人に・・・

こんな風になってしまいます。

私自身、多忙になると、
顧客との間でコミュニケーションが薄くなって
しまうことがあります。

これが長引くと、弁護活動に響きます。

どれだけ忙しくても、
その忙しさを見せないように。

忙しいのはこちらの問題。
相手にとっては何の関係もない問題です。

忙しさは心の内にしまい、
声をかけやすい雰囲気作りに
努めていきたいと思います。

関連記事

  1. 間違いを指摘して何が生み出されるのか
  2. 部下のやる気を引き出す態度
  3. 法律事務所の顔は?
  4. 人材難だからこそ見落としたくない視点
  5. それを言って欲しかった!という言葉を
  6. 会話が弾む名刺交換のポイント
  7. 部下の動きが悪いのは誰の責任か?
  8. 常にすべきこと
PAGE TOP