感情で判断してはならない

経営者はカンの鋭い人が多いです。

直感で、これだ!と即断即決。
でも、これは当てずっぽうということではなく、
これまで培ってきた経験、
そして正確な情報に基づくものです。

情報もなく、闇雲に判断していては、
とんでもないことになります。

経験の浅い経営者にありがちなのは、
情報収集が甘く、
希望的観測に基づいて判断することです。

正確な情報を集め、
判断は迅速に。

ただ、注意が必要なのは、
感情に基づいた判断になっていないか、です。

感情のエネルギーは非常に強いので、
時に判断を誤らせます。

怒りの感情がある場合は時間を置いた方がよいでしょう。

他にもねたみや欲など、判断をゆがませる感情は
あります。

感情を落ち着かせ、そこから一歩離れて、
意思決定する。

相談に来られる方にも、感情に共感を示しつつ、
その感情がなかったとしたらどう判断するか?
という視点をお伝えしています。

冷静な意思決定の支援も弁護士の仕事と
思っています。

関連記事

  1. 説得するのになくてはならないもの
  2. 部下の動きが悪いのは誰の責任か?
  3. 会話の目的は何ですか?
  4. やり方より大事なことは?
  5. 忙しさを見せないように
  6. 外国人労働者が増えるか!?
  7. 話すのは技術、人の話を聞くのは・・・?
  8. 社長の思いは社員の行動にあらわれる
PAGE TOP