本物だったら売れるのか

10月以降に発売される新型自動車から、
国際的な測定方式「WLTCモード」に基づく燃費の表示が
メーカーに義務付けられるのに先立ち、
カタログに新方式で表示するケースが増えてきたということです。

新方式の燃費は実際の走行に近い条件で計測するため、
同じ車種でも現行方式から約3割悪化する場合もあるとのことです。

今までは35km/Lとなっていたのが、
25km/Lとなると、
実態はまったく変わらなくても、なんだか性能が悪化したように
思えてしまいます。

どうやって価値を伝えるか、
そしてそこで想像される価値を上回るサービスを提供する。
これが大事です。

価値がないものを価値あるように見せるのは
もってのほかですが、どんなに価値があっても、
伝わらなければ意味がありません。
(猫に小判の価値はわからないですよね)

最近は実態以上のキャッチコピーを付けていることが
多くて、何が本当なのかよくわからないことが多いですが。
(書籍などは、キャッチコピーで買って、中身を見て
がっかりということが結構ありますね・・・)

それだけに、価値を高め、それをしかるべきルートで
求めている人に伝え、届けるということが重要になってきます。

私であれば、弁護士なので、何よりも専門性や知識など、
価値を高めることがまず基本です。

その上で、法律的なトラブルにあった人
(特に私が得意とする分野。例えば企業法務であれば、社長)
がどのようなところに相談するか、
どのようなものを調べるかを考えます。

そして、そこに弊所のサービスを正確に伝え、
そこから速やかに弊所に相談できるルートを
確保するわけです。

求められるところに速やかに上質のサービスを
届けられるよう、日々努力したいと思います。

関連記事

  1. 人材育成において大事な心がけ
  2. すかさずほめる
  3. コミュニケーションの極意は???
  4. 相手の長所を発見する
  5. 空気を変える
  6. 他と比べることもいいけれど
  7. いいところを発見したら?
  8. 社長!あなたにとって何が一番の喜びですか?
PAGE TOP