法律事務所の顔は?

法律事務所は
弁護士が表に立つことが多いです。

弁護士は顧客といつも接しているため、
感謝をされる機会も多い。

ところが、事務局はどうか。
電話や応接の対応はするけれども、
なかなか顧客と長く話をする機会は
ありません。

一方、相談しようと思った時に
最初に応対するのが事務局職員です。

はじめて電話する法律事務所。
どきどきしながら電話します。
緊張しきって電話します。

電話口の応対は非常に大事。
明るく、やさしく、対応すれば、
それだけで相談者はほっとします。

はじめての法律事務所。
おそるおそるドアを開けます。

その時にはじめて応対するのが
事務局職員です。

そのとき、笑顔で、
「お待ちしておりました!」と
迎えて差し上げれば、それだけで
安心します。

事務局職員の対応は非常に大事。

顧客から、事務局職員の応対を
褒めていただくことがあります。

「あの事務員さんの電話応対、
素晴らしいですね。」

「あの事務員さんの笑顔に
ほっとした」

私にとってはとてもうれしいことです。
まるで自分が褒められたように
ほこらしいです。

そんなときは、すぐに事務員に伝えます。
そして、「本当にいつもありがとう」と
伝えます。

なかなかお客さんに直接褒められない分、
お褒めの言葉はとてもうれしいもの。
だからすぐに伝える。

感謝は何度言ってもいいものです。
言い過ぎるということがない。

もっともっと使っていきたい言葉です。
「ありがとう」

関連記事

  1. 自分の力が倍加する秘訣
  2. 空気を変える
  3. プラス一言で笑顔に
  4. 相手の長所を発見する
  5. がっかりするのはなぜ?
  6. 説得するのになくてはならないもの
  7. 会話が弾む名刺交換のポイント
  8. すかさずほめる
PAGE TOP