説得するのになくてはならないもの

弁護士の仕事をしていると、
とかく理屈が多くなります。

法律ではこうなっている。
裁判所の判例はこうなっている。

たしかにそうです。
このこと自体は弁護士に求められる
知識ですし、重要なことです。

でも、人を説得したり、
人に話をするときに、
理屈だけでよいか。

それは違うと思います。

どれだけ正しいことであっても、
嫌いな人から言われれば、
聞く耳を持ちません。

むしろ、嫌いな人だとすると、
正しければ正しいほど
「おまえに言われたくない!」
となるものです。

理屈で考え、
論理的に正しいことは
大前提ではあるのですが、

弁護士にとって必要なのは、
それにも増して、信頼関係。

何を言うかも大事だけれど、
誰が言うかはもっと大事

誰が言うかの「誰」に
しっかりと自分が入ることが重要です。

師走の時期、忙しいと何かと
おろそかにしがちですが、
気を引き締めて、
一つ一つ丁寧に、
対応していきたいと思います。

関連記事

  1. 分業の落とし穴
  2. みんな違う世界に住んでいる
  3. 目指すは「気持ち悪い」という感覚?
  4. 空気を変える
  5. 思いを明確に
  6. 自分の力が倍加する秘訣
  7. 会話が弾む名刺交換のポイント
  8. 厳しい=厳しいなのか?
PAGE TOP