誰が顧客か???

先日、とある懇親会で
隣に座った人と経営の話になりました。

その人曰く、
「誰を顧客と考えているかが重要だ」

本当にその通りだと思います。

普通、顧客はだれか?
と問われれば、

まさに
商品を買ってくれる人を
思い浮かべます。

しかし、私たちが

その人の幸せを考える人、
貢献する人

と考えた時、
顧客はぐっと広がります。

たとえば、社員も顧客です。

社員の立場であれば、
同僚も上司も部下もそうです。

顧客と考えれば、
接し方も変わるでしょう。

同僚が仕事をしやすいように配慮する。

上司がどんなことを考えて
指示しているのかを先読みして、
次の行動につなげる。

いろいろなことが
できるようになってきます。

そうやってお互いが
フォローしあうようになると、

1+1が2ではなくて、
3にも4にも5にもなります。

組織が生きてくるわけですね。

自分のことだけ考えるのではなくて、
次の人のことを考える。
周りの人のことを考える。

こういう視点を持った人が
一人でも多く育つよう、

経営者としてもしっかりと
教育していきたいものです。

関連記事

  1. 部下が言うことを聞かない!~何を言えば、ばかりに集中していません…
  2. みんな違う世界に住んでいる
  3. 売れない店舗を任された~そのときに見られているものは?
  4. 従業員の望みを知っていますか
  5. 労務で重要なこと~法律の先にあるもの
  6. 社長の思いは社員の行動にあらわれる
  7. ナンバー2はいますか?
  8. 長所を発見する
PAGE TOP