部下が言うことを聞かない!~何を言えば、ばかりに集中していませんか?

北海道で大きな地震があり、多くの方が被災されました。
一刻も早く被害が収まることを念じております。

先日、部下が言うことを聞かない!という相談(ぼやき)を
聞きました。

何かを人に伝える場合、多くの人は、
「どんな言葉で伝えようか」ということを
中心に考えます。

しかし、人が話しをする場合、大切な要素が二つあります。
それは、「誰が言うか」と「何を言うか」です。

多くの人は何を言うかに集中してしまうのですが、
誰が言うかが非常に重要です。

たとえば、自分が尊敬している人から、自分の欠点を
指摘された場合は、素直に聞くことができます。

しかし、仮にどんなに正しい言葉でも、
講演で遊んでいる小学生に言われたらどうでしょう。
なかなか聞けないと思います。

問題は、部下が言うことを聞かないという場合、
社長自身が部下にとって話しを聞くことのできる
「人」かどうか、

部下との信頼関係ができているかどうか、が
問題になります。

信頼関係がない状態でどれだけ美しい言葉を
使っても刺さりません。どんどん心は離れていきます。

部下との信頼関係、家族との信頼関係、
知人との信頼関係。

一つ一つ築き上げるのは大変ですが、
がんばりたいものです。

関連記事

  1. 流行る医師はここが違う
  2. 従業員の望みを知っていますか
  3. 環境を変えずに幸せになる!?
  4. 「忙しいから」できないのですか?
  5. 変えられない事実を変えようとしていませんか
  6. すかさずほめる
  7. みんな違う世界に住んでいる
  8. 労務で重要なこと~法律の先にあるもの
PAGE TOP