弁護士の使い方!?

先日、顧問先が主催する
忘年会に出席しました。

そこには
多くの取引先や関係先の方々が
来ておられました。

私が到着すると、
社長が色々な人に紹介をして下さいます。

「弊社の顧問弁護士です」と。

「え!弁護士が来てるの?」

大抵、こういう反応です。

中には、
「そんなにトラブル続きなの?」と
いぶかしく思う人もあります。

しかし、社長は

「いやいや、
トラブルの予防が大事なんですよ。
うちは事前対応。
トラブルが起こる前に相談しているんです

と説明。

すると、聞いている人は、
意外に思うと同時に、

しっかりした会社だなぁ

感心されます。

弁護士と聞くと、
「トラブルが起きてから
依頼するもの」と思っている人が
多いです。

でも、大事なのは事前対応。

トラブルになる前から、
早め早めに相談をして、
トラブルを事前に防ぐのです。

この方が
コストも安く、
時間的にもスピーディで、
精神的にも落ち込まずに済みます。

でも、多くの人が、
「大丈夫だろう」と思って、
何の対策もしていません。

健康と同じです。
病気になってから病院に行くのではなくて、
予防のために対策を打つ。

そして、その先の健康な体作りをしっかりと
やっていく。

会社経営でも、
弁護士を強力なサポーターとして
考えていただければと思います。

関連記事

  1. ハラスメントの相談も保険で!?
  2. 顧問契約を使いこなすコツ
  3. 顧問弁護士としての第一歩とは?
  4. 安定経営のために
  5. 顧問契約の意外な利用法
  6. 顧問契約の勧め
  7. 顧問契約にも種類がある
  8. 企業内弁護士6割!?
PAGE TOP