顧問契約を使いこなすコツ

弁護士に相談するのは
どの段階か?

こう聞かれれば、

早ければ早いほど良い

ということになります。

私も多くの社長とお話しする機会が
ありますが、伸びている社長は、
相談が早いです。

ぱっと電話がかかってきて、
相談内容をおっしゃり、
自分自身の判断の材料として、
弁護士の意見を聞きます。

そしてご自身なりに咀嚼して、
迅速に判断を下します。

こんな社長と会話をしていると、
ああ、弁護士の使い方を
知っておられるなと感じます。

ただ、社長の決断のスピードに
ついていくためには、
弁護士のスピードも大事です。

法律業界はスピードが遅いので、
ビジネス界のスピードに
追いつけるよう、がんばりたいと思います。

関連記事

  1. 顧問契約の意外な利用法
  2. 顧問契約にも種類がある
  3. ハラスメントの相談も保険で!?
  4. 安定経営のために
  5. 企業内弁護士6割!?
  6. 顧問契約の勧め
  7. 顧問弁護士としての第一歩とは?
  8. 弁護士の使い方!?
PAGE TOP